私の体感した医師に関する求人情報の落とし穴

転職は収入面がネックになる

激務で勤務先病院を辞める転職は収入面がネックになる院内でいじめもある

ところが収入面のクリアが予想以上に厳しく、私がいかに世間の相場を把握してなかったのかを痛感しました。
そもそもキャリア10年程度では需要もそこそこで、もっと欲しいと要求出来る立場にありません。
それが出来るなら退職もしなかったので、身の丈に合わない理想を描いていたのだと思い知らされた気がします。
そのため以降の私は、目標の収入額を下げて勤務時間の条件重視で探すことにしました。
するとこちらの条件はすんなりとクリア出来、候補になる職場が次々にヒットするではありませんか。
私は早速いくつかの病院に連絡をし、1週間で3つの履歴書を書きました。
面接に行くと、魅力的に思える言葉を沢山頂きました。
自分の存在を高く評価してくれ、本当に嬉しかったです。
それくらいどこも人材難だったのかもしれませんが、少なくとも前の職場では評価などしてもらっていませんでした。
だからこそ余計に自分への言葉が嬉しく、悩んだ末にとある1つの病院に転職を決めたのです。
しかし、さあこれで話が終わるのかというとそうではありません。
新しい病院へ出勤するようになると、すぐに同僚の噂話が耳に入りました。
その内容は特定の医師の陰口のようなもので、一部の看護師も混ざって好き放題言っていたのです。

医師の求人を見ると、東京の中心部ですら週5勤務で年収2000万がゴロゴロ
成績が良いから医学部は間違っているとか言っている医師は余程の馬鹿か、自分の子供のライバルを減らしたいだけだね
超進学校(灘筑駒開成等)の人はこんなことを言われたら、俺に嫉妬している馬鹿共がww
くらいに思っていいよ!

— 底辺医学生 (@nP6VR0sLyPelSVy) 2019年10月30日

医師,求人 / 【年収2000万円以上】の医師求人募集・転職(1ページ目)|【ドクター ...